クマゲラの森を守ろう!
層雲峡の自然を残していこう 守っていこう 伝えていこう!

私たちが住む層雲峡には、大変貴重な自然がまだ残っています。

その豊かな自然を求めて多くの人が訪れる大雪山国立公園。

しかし、それは努力なくしては守れないものとなってきているのが

現実です。今や天然記念物にまでなってしまったクマゲラや

シマフクロウ、絶滅を危惧されている多くの植物たちなど、少し前

までは、普通に存在していたものが絶滅危惧種や天然記念物に

なるまでに追い込まれています。

周辺では、この数年間で愛山渓や双瀑台、ニセチャロマップ林道でもクマゲラの森(巣)が

伐られました。ここ層雲峡でもクマゲラが生き、生活圏となっています。しかし、この層雲峡の

森では砂防工事が予定されています。私たちの貴重な財産である北海道・大雪山の自然。

私たちはこの自然の恵みを様々な面で受けていること、そして現在、この自然を追いこんで

きてしまっている現実を改めて認識しなければなりません。

私たちは、クマゲラが生きていける環境を残しつつ、砂防工事を進めていただけるよう

関係各所に要請します。

皆様にご協力いただき、ご署名をお願いしたいと思っております。

署名用紙をプリントアウトして、郵送して下さいますようお願い申しあげます。

署名用紙をプリントアウトする
クマゲラのページを見る

郵送先:〒078−1701
    北海道上川郡上川町層雲峡 ペンション山の上内
         クマゲラのしゃっぽ事務局 署名係
        
          TEL: 01658−5−3206