クマゲラ


大雪山・層雲峡の
自然情報
・層雲峡の宿
・層雲峡.com情報発信所

クマゲラの声   
* 親クマゲラがヒナに餌やりに来たときの声。遠くで親が鳴き、だんだん近づいて来る様子。
ヒナはクルックルッとしきりに鳴いています。 *

北海道と本州の一部に生息するクマゲラ。
アイヌ語ではチップタッチカップカムイ、舟を彫る神という。
その姿は、真っ黒な姿に真っ赤な帽子をかぶったような頭。
そして、キョトンとした目でこちらを伺う愛嬌あふれるいでたち。

クマゲラをとりまく環境は必ずしも良いとはいえません。
しかし、クマゲラについて知り、関心をもつ人が一人でも増えることで、
クマゲラにとって居心地の良い森を守っていくことにつながっていくことを願います。

ここでは、大雪山の麓、層雲峡周辺で見られたクマゲラたちについてまとめてみました。

クマゲラ動画

2012年6月14日クマゲラ鳴き声  クマゲラ餌やり  クマゲラ餌やり2
2012年クマゲラの思い出      2013年クマゲラの思い出

2016年

2016/6/19 上川 photo by 宮木様

クマゲラの巣に飛びこもうとしているオシドリの♂です。



2016/6/19 上川 photo by 宮木様





2016/6/16 上川 photo by K様




2016/6/16 上川 photo by 安原様




2016/6/14 上川 photo by 二村様



2016/6/14 上川  photo by 宮木様




2016/6/14 上川 photo by 福島様




2016/6/3 札幌 丸山動物園 photo by ペンションのお客様

2016/5/30 上川 photo by ケン





クマゲラの巣2ヶ所発見!

2016/5/13 photo by ケン


2016/5/13 photo by ケン



2014年
2014/6/26 上川町




2014/6/19上川町 photo by ケン
2014/6/6 上川町 photo by ケン


2013年

2013/7/11 大雪山ろく photo by ちーほ さん



2013/6 大雪山ろく photo by 西田 様




2013/6/25 大雪山ろく photo by 木守りりんご



2013/6 大雪山ろく photo by 西田 様



2013/6/22 上川  photo by ケン




2013/6/19 上川  photo by ケン





2013/6/19 上川 ペンション山の上に宿泊されたお客様




2013/6/10 上川 photo by ケン




2013/6/19 上川 ペンション山の上に宿泊されたお客様




2013/6/6 上川 photo by ケン



2012年
カラスにつつかれて道路に落ちた雛鳥。 心配そうに鳴く親鳥。

2012/6/23 photo by ペンションのお客様




2012/6/22 上川町 photo by 西田 様




2012/6/16 photo by チーホ



2012/6/16 上川町  photo by 西田 様



2012/6/13 大雪山周辺 photo by ケン




2012/5/17 大雪山周辺 photo by ケン

枯れたドロヤナギの木に作られたクマゲラの巣です。



2012/4/12 愛山渓 photo by 木守りりんご



2012/5/7 大雪山周辺 photo by ケン



2011年

2011/6/11 朱鞠内 photo by ケン



2011/3/15 層雲峡 photo by 木守りりんご


2011/3/28 層雲峡 photo by ケン

手入れをしたクマゲラの巣
(ブログ)クマゲラのお手入れ

2011/3/15 層雲峡 photo by ケン



2010年

2010/5/6 層雲峡 photo by ケン


2010/5/6 層雲峡 photo by 木守りりんご


2010/4/12 層雲峡 photo by 木守りりんご


クマゲラの食痕
2010/2/8 層雲峡 photo by 木守りりんご
クマゲラの食痕
2010/2/17 層雲峡 photo by 木守りりんご

クマゲラの食痕
2010/2/5 層雲峡 photo by 木守りりんご

  

2009年
大雪山の生きもの 鳥 クマゲラの巣立ち 上川

2009/6/23 上川

今年この巣で生まれた2羽の雛は、6月24日午前6時巣立ちました。
無事に育ち、またこの森に帰ってくることを祈ります。
大雪山の生きもの 鳥 クマゲラ 上川 大雪山の生きもの 鳥 クマゲラ 上川

2009/6/17 上川 photo by ケン



2009/6/17 上川 photo by 西田 様(ゲスト)
大雪山の生きもの 鳥 クマゲラ 上川 大雪山の生きもの 鳥 クマゲラ 上川

2009/6/15 上川 photo by  星 様(ゲスト:ペンションのお客様)

大雪山の生きもの 鳥 クマゲラ 上川 大雪山の生きもの 鳥 クマゲラ 上川

2009/5/24 上川 photo by ケン

大雪山の生きもの 鳥 クマゲラ 層雲峡 大雪山の生きもの 鳥 クマゲラ 上川

2009/5/12 層雲峡 photo by 木守りりんご



2009/5/24 上川 photo by 木守りりんご
大雪山の生きもの 鳥 クマゲラ 層雲峡 大雪山の生きもの 鳥 クマゲラ 層雲峡
大雪山の生きもの 鳥 クマゲラ 層雲峡 大雪山の生きもの 鳥 クマゲラ 層雲峡

2009/5/12 層雲峡 photo by ケン


大雪山の生きもの 鳥 クマゲラ 上川 大雪山の生きもの 鳥 クマゲラ 上川
大雪山の生きもの 鳥 クマゲラ 上川 大雪山の生きもの 鳥 クマゲラ 上川

2009/5/10  上川 photo by ケン



2009/5/10  上川 photo by 木守りりんご
大雪山の生きもの 鳥 クマゲラ 層雲峡 大雪山の生きもの 鳥 クマゲラ 上川

2009/4/13 層雲峡 photo by 木守りりんご



2009/4/29 上川 photo by ケン
大雪山の生きもの 鳥 クマゲラ 清川 大雪山の生きもの 鳥 クマゲラ 清川

2009/3/29 清川 photo by ケン

2009/3/29 清川 photo by 木守りりんご
大雪山の生きもの 鳥 クマゲラ 清川 大雪山の生きもの 鳥 クマゲラ 清川

2009/3/29 清川 photo by ケン
この時期にクマゲラが撮影できたのは層雲峡.com初めてです。

     

2008年
大雪山の生きもの 鳥 クマゲラ 上川

2008/6/11 上川 photo by ケン

6月11・12日 クマゲラの子育てはじまる!
大雪山の生きもの 鳥 クマゲラ 上川 大雪山の生きもの 鳥 クマゲラ 上川

2008/5/23 上川  photo by ケン

巣の中から顔を出しているのは赤いベレー帽をかぶったようなオスのクマゲラです。
巣を作っている木はハンノキです。今年で4年目の巣です。
大雪山の生きもの 鳥 クマゲラ 層雲峡 大雪山の生きもの 鳥 クマゲラ 上川

2008/3/4 層雲峡 photo by Shibataro


2008/5/23 上川 photo by ケン


♂♀協力して交代で卵を温めています。

2007年

森の守り神クマゲラ

大雪山 大雪湖付近 クマゲラ 上川町 クマゲラ
2007/6/27 大雪湖ダム付近 photo by KEI
2007/7/1 上川町 photo by TOMO
   


2007/6/16 大雪湖ダム付近 
photo by TOMO

6月16・17日クマゲラ 選手交代!



2007/5/14 上川町

去年もおととしも使っていた3年目の巣で、また今年も営巣したようです。
オスがこの時期、この時間帯に穴にこもっているということから予測するに、
どうやら卵を温めているようです。
交代のメスを待ち、巣穴から顔を出しているようです。


2006年


12月13日 層雲峡 photo by ケン
冬の層雲峡でクマゲラをウオッチングしました。こちらへどうぞ!


2006.6.17 上川町 photo by 松井 修二

6月19日
大雪湖ダム付近
photo by ケン

6月16日
大雪湖ダム付近
photo by 依田康徳


〜森の守り神〜クマゲラ

2005年繁殖経過の記録

繁殖の経過は6期に分けられる。   
  
   (ツガイ形成期) (造巣期) (産卵期) (抱卵期) (育雛期) (家族期)
     
   (造巣期)・・・3月20日〜5月10日頃まで(50日間)
           この時期には古巣の手入れや、新しい巣穴掘りが観察される。

  2005年5月6日上川町

 左の写真
 木の上の方にある穴がクマゲラの巣。
 木屑を雪の上に落としている。

 上の写真
 クマゲラが木屑を加えて外に出している。

  (産卵期)・・・5月11日〜13日頃(4日間)
           産卵は確定が難しいが、1日に1個で3〜4個の卵を産む。

  
(抱卵期)・・・5月14日〜5月29日頃(15日間)
          巣を空けることがなくなり
1日に4回の雌雄の抱卵交替がある。

2005年5月20    上川町       日5月27日

  (育雛期)・・・5月29日〜6月29日
          餌を運び始めてから巣立つまで31〜32日間
          育雛期を10日ずつに3つに区分すると

 
1、<前期> 雛の小さな鳴き声が聞こえることがある。
          抱雛を行い、雄は夜間巣をねぐらとする。

 2、<中期> 雛たちは、親が飛んでくる鳴き声で
          巣穴から顔を出し始める。
                    抱雛を行い、雄は夜間巣をねぐらとする。
          給餌回数が多くなる。

 3、<後期> 雛たちは巣穴から顔を出し争って鳴き声で
          餌をねだる。
          雄は寒いに日は巣をねぐらとし、暖かい日には
          巣にいないことがある。
          雌は近くにねぐらとなる巣を持っている。       

                       


2005年7月12日
大雪湖ダム付近

右は拡大したもの


2005年6月15日
上川町

※ 抱卵期、育雛期を交替する時の朝、巣の入口でくちばしを重ねる行動があるが、
  人間が近くでカメラなどをかまえているとその行動は見られない。

※ 雄、雌、巣穴に仲良く入って交替をすることが時々見られる。



給餌回数
       <前期> 巣穴の中で給餌をする。雌雄あわせて1日10回。
       <中期> 巣穴の入口、又は中で給餌をする。雌雄あわせて1日15回。
       <後期> 親の声がすると顔を出し、争いながら激しく声を出し餌を要求する。
              雌雄あわせて1日13回。


給餌回数 時刻別 4::30〜17:30

 <朝>    5:00〜 9:00    多い
 <昼>   11:30〜12:30   減少 
 <夕方>  15:00〜16:30   やや増加    
 6月15日 上川町

※ 上川町層雲峡では
    ミヤマハンノキに
    巣が造られる のが多いが、
    カツラや トドマツ・ドロヤナギ
    にもある。
  


←2005年4月27日 紅葉谷
2005年4月28日→
上川町
巣立ち
※ 雛は巣立ちの準備を1週間前くらいから始める。
巣穴の狭い入口で羽を広げる格好をする。
巣立ちの日

 朝、雄が餌を与えた後、2回目に雌雄同時にまわりの木に
  来て大きな声で鳴きながら雛を誘う。
 勇気のある雛から順番にボッボッと巣立ちをする。
 なぜか同じ方向に飛んでいく。

 上川町の巣立ちは6月25日。
 大雪湖ダム付近の巣立ちは7月23日で
 今までの最遅記録。

2005年6月19日上川町 巣立ち


大雪山の山々、広がる原生林の風景、広大につづく大地。
そこにはクマゲラ・エゾライチョウ・エゾシカ・ナキウサギ・
キタキツネ・シマリス・エゾヒグマ・・・・・・
動物、野鳥たちの生き生きとした自然の姿があります。

上川町

左 2004年5月20日
クマゲラ

右 4月27日
熊の足跡

地元で生まれ四十年以上そこで生活し、
山・川をライフスペースとしているオーナーの
的確なアドバイスにより、
簡単には見られないそれらの自然の姿にも
出あうことが出来ます。

美しい風景や北の動物たちとの感動的な出会いや
写真撮影のお手伝いをさせていただきます。

ニリンソウ エゾノリュウキンカ オオバエンレイソウ

クマゲラのページをご覧くださいましてありがとうございます。

クマゲラが棲む森があるということは私たち人間にとっても良い自然環境であると言えます。
鳥や動物や人間が共に生きていける努力をしなければ壊れていく現実があります。
その努力の一つとしてみなさまに署名をお願いしています。
ご協力をよろしくお願いいたします。

署名用紙