6月16・17日 クマゲラ 選手交代!


大雪湖ダム周辺のクマゲラ♂

クマゲラの営巣交代シーンを見ました。
この巣を使い始めてからもう3年目。その前にも2〜3年使っていました。
2〜3年使っていた巣が風か何かで巣のところから倒れた後、また同じ木に巣穴を掘り、今に至ります。
かなりお気に入りのようです♪



黒岳は緑が濃くなってきました。
でも、まだまだ雪は残っています!
(層雲峡より)


大雪湖ダム周辺の森にて。
右から2本目の先端の折れた木が
クマゲラの営巣木。


6月16日


巣の中には、抱卵中なのかオスのクマゲラがいました。
交代のメスの帰りを今か今かと待っています。
キョロキョロ。

「アイツ、おそいな〜。」

13:43




すると、コロコロコロコロ・・・
この声、あのシルエットは!

メスが飛んできた!

巣穴では、オスが
「ココだよー!早く交代してー!」
と言うかのように内側から
コツコツコツと打ち叩いています。

14:12





巣口にメスが飛んできました。
中の様子を伺っています。




あれ?ココだっけ?」



すると、中から勢い良くオスが
飛び出てきました。
交代したくて仕方なかったのかな?


14:13



メスがオスとバトンタッチ。
メスが中に入り込みます。
抱卵中なのか、雛が孵っているのかはわかりませんが、
大切なものがあるのは確かです。

14:14

6月17日も同じ時間に観察しました。



やはりオスが巣の中にいました。
でも、交代の光景が16日と異なり、
オスメス両方出てきて、しばらく
鳴きかわし合っていました。





14:00


ヒュッヒュッヒュッヒュと、口笛を吹くような声で鳴きかわしあっていました。
14:02



しばらく鳴きかわしあった後、オスが飛び去り、メスは巣穴内に入っていきました。
14:03

16日、17日と続けてクマゲラの営巣交代シーンを観察しました。
ずっと見たかったこの場面。メスを待つオスのクマゲラの表情がなんとも言えず
愛嬌があってますますとりこになりました。
興奮してシャッターを切るも、この間、たった2、3分の出来事でした。

クマゲラをおどかさないように静かに、そして北海道の大きな大きなフキをかぶっての観察。
傍からみたら怪しいかもしれません・・・。

営巣中のクマゲラはいつもに増して神経質。
嫌がられないようにしないと子育てや抱卵を放棄してしまうクマゲラもいます。
むやみに近付かないようにしましょう!!

photo/文 TOMO